×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IRONMANマレーシア参戦記

 

 結果は24位(プロを除いて11位,エイジグループ18〜24で1位) SWIM 1:01:22 BIKE 5:22:33 RUN 3:45トータル 10:42:46 といった感じで落ち着いてみれば全然たいした事のないタイムでやはり自分が1位になれたのはやはり運もあったと思います。
レースリポート:朝7時スタートの予定ながら明るくなるのが7時15分ごろなので結局のところ7時22分ごろ、ちゃっかりプロの後ろから絶好の位置でスタート、コースは1.5km,0.8km,1.5kmの1周でしっかりとブイが張られているためにとても泳ぎやすい。途中でいいペースメーカーとなる外国人を見つけずっとついていきSWIMをアップ、テントで着替えるが靴下を履くのを忘れてしまう。
BIKEは90kmを2周、まさに島を1周すると言った感じ。景色はすばらしくよいものの完全に交通規制がされていないためかなり注意が必要なのは残念。車に接触した人もかなりいたらしい。結構アップダウンがあってきつい。1周目はAve34ぐらいではいるものの2周目は食べ物をすでに食い尽くしてしまい160kmあたりからハンガーノック気味になり30kmさえも出せなくなる。2周目になるとどんどんと暑く風が強くなりコンディションはかなり悪くなる。ふらふらになりながら戻りランスタート時点で5分ぐらいかけてゆっくり補給をする。
RUNは平坦でBIKEのコースを10Km行って帰ってくるのを2往復。ひたすらエイドで体を冷やし水を補給して止まらないように走るがkm/5分ぐらいが精一杯。歩いている人が多くごぼう抜き状態。2周目に入る時点で後藤さんにエイジ2位といわれ手誰だと思いながら走るがぜんぜんわからないままゴール。結局自分が1番だったとわかったのは次の日でした。
 学生では慶応の同学年の遠藤 綾子という女の子がきていて見事ハワイの権利を手に入れていました。彼女は去年、ニュージーランド,チェジュ,そしてハワイとアイアンマンと出ているらしく今年は宮古もでるらしいです。
それにしてもアワードパーティに出れなかったのは残念でした。国際大会の表彰台なんてなかなか上る機会がないのに。それにしても初ロングながらこんな成績で走れたのは少し満足です。バイクはぜんぜん乗れていなかったというのに。皆さんの声援、本当にありがとうございました。苦しい時、自分の支えになりました。